診療案内

  • HOME
  • > 診療案内

診療時間のご案内

 
9:00〜12:30 13:00
まで
13:00
まで
 
15:00〜19:00      
※受付は診察開始時間の30分前から診察終了時間の30分前までを目安とさせていただきますのでご了承ください。

診療案内


整形外科 | リハビリテーション科 | その他の診療

整形外科

整形外科
整形外科とは

運動器の病気やけがを治療し、健康を守る専門医です。
運動器とは手や足など上肢下肢全体。さらには脊椎脊髄を中心に骨、関節、靭帯、筋肉、神経、血管など
胸腹部の内臓や頭部以外の すべての身体を動かすための器官を意味します。ですから非常に広い範囲にわたります。

具体的な診療
骨折や捻挫、傷などの外傷、熱傷

上肢・下肢・体幹部の骨折、捻挫など外傷全般、各種創傷の加療(密閉療法 閉鎖療法)ややけどの加療も行います。
必要な場合外来にて縫合など小手術も可能です。

関節の病気、リウマチなど

加齢による関節痛(変形性関節症・五十肩など)、リウマチなど関節の痛み・腫脹などの診察、加療を行います。御心配な方はいつでもご相談ください。

脊椎・脊髄の病気

上肢下肢のしびれ・疼痛、歩行障害など神経障害や肩こり、腰痛など首・背中・腰の疼痛 。ブロック加療も行います。
さらには加齢による骨粗鬆症なども診察加療しています。

上肢下肢の疾患

テニス肘など腱鞘炎など診察いたします。
原因のわからない上肢下肢の症状でお悩みの方は何なりとご相談ください。

スポーツ障害

小児からお年寄りまでスポーツに伴う外傷や痛みに対して、予防や、テーピング指導なども行っています。
装具屋さんと連携してサポーターや装具の作成も行います。

小児整形外科

小児の脊柱変形・関節痛・外傷変形など。

腫瘍性疾患

上肢下肢体幹の腫瘤性病変など

骨粗鬆症外来

骨密度測定ののち患者様にあった加療を選択し骨折の予防に努めています。

現在骨粗鬆症の加療は様々な薬剤が開発されています。従いまして患者様個々の状況によって加療方法を選択していくことができます。様々な検査によって適した治療をご提供できると考えています。 何なりとご相談ください。

関節リウマチ

関節リウマチとは

免疫の異常により起こる病気で、進行すれば全身の関節破壊が起こります。しかし現在は早期診断加療を行うことで完治も期待できる疾患となっています。

当院では早期診断を心がけ生物学的製剤を含めた薬物療法を行っております。また加療初期には副作用防止のため小田代病院での入院での導入も可能です。人工関節など必要な場合は専門病院へご紹介しています。
まずは関節痛のある方はご相談ください。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院では運動器リハビリテーションを行っていす。
施設基準Ⅱ 運動器リハビリテーションでは、変形性関節症、関節リウマチ、五十肩、腰痛、スポーツ障害、骨折など 運動器全般にわたる疾患に対して専門の職員「理学療法士」が発症前の状態に戻れるように患者様とともに訓練を行っていきます。
病気・けがや術後の回復のため患者様一人一人に合わせたメニューを作成していきます。

また当院ではマッサージ師も常駐しております。事故や慢性疾患にて筋緊張亢進している患者様の緊張をほぐすことで治療効果を高めることが期待できます(運動器リハビリⅢとなります)。

※リハビリ受付は午後6:30まで行っています。仕事帰りの方や学生さんでも気軽に立ち寄り下さい。
注: マッサージ・運動療法の受付は午後6時までとなっています。また原則予約制になっております。ご相談ください。

その他の診療

当クリニックでは以下の診療も行っております。

  • 創傷処置は湿潤療法・あるいは密閉療法を行っています。
    創の早期の回復とできるだけきれいな創治癒を目指します。
  • 陥入爪に対してはワイヤー矯正を行っています。
    難治例には手術(外来)も可能です。
  • 装具屋さんと連携し、足底板や治療用靴など装具の作成も受け付けています。
    外反母趾スポーツ障害でお困りの方はご相談ください。
  • 予防注射点滴なども自由診療にて行っています。
    疲れのたまっている方は受付にてお申し付けください。

整形外科 | リハビリテーション科 | その他の診療